停滞期が来ても失敗しにくいゼニカル

ダイエットには停滞期が付き物です。ダイエットし始めた最初は順調に体重が落ちていた人でも、次第に減量のペースが落ちていきます。
特に無理なダイエットをしている人ほど、脳が飢餓状態を感じてエネルギー消費をセーブしようと働きかけるので減量ペースが落ちます。全く食事を摂らないようなダイエット方法だと筋肉だけが減り、結果的には脂肪は減っていなかったという失敗に陥ってしまう事もあります。
停滞期はダイエットを失敗に導く大きな要素の一つです。特に食べたい物を我慢している人や失敗で自分を追い込んでしまう人ほど停滞期に弱い傾向があります。
停滞期でダイエットを諦めてしまうという事は、元のようにたっぷり食事を摂り、運動しない生活に戻ってしまうという事です。
停滞期のリスクを少なくするには、食事を我慢せずに食べて良い環境を整える事が一番です。とは言え、「普通に食べてしまえば太ってしまう」という声も多いです。
そういう人に対しておすすめなのがダイエット薬のゼニカルです。アメリカのFDA(食品医薬品局)にも認められたダイエットのための薬で、脂肪を吸収を抑える薬です。
ゼニカルを飲むと、肝臓から分泌される脂肪分解酵素リパーゼの働きが阻害されます。すると体が吸収出来るサイズまで脂肪を分解できなくなるので、体には脂質が栄養素として取り込めなくなります。ゼニカルでカットされる脂肪の量は、摂取量のおよそ30%です。100kcal摂れば30kcalは体に栄養分として使われなくなるという事です。100kcal食べても70kcal分しか食べていないという事になります。
停滞期の反動で脂っこいものをやけ食いしてしまっても、ゼニカルを使えばダイエットが立て直しやすくなります。